金の価格が変わる組みを説明します

金の価格が変動する原因は、いくつかあります。
これはまず、総ての物にも共通する原因として、需要と供給のバランスです。
需要が伸びても供給が追いつかなければ、どんな品物でも価格が高騰してしまいます。
逆ならば、価格は値崩れしてしまうでしょう。
次に、産出国の情勢です。
金の産出が多い国で、自然災害や戦争などが勃発してしまえば、供給バランスが悪くなります。
そして、インフレでも金の価格が変るんです。
貨幣の価値が下がってしまうと、品物の値段が高騰してしまいます。
金の場合、実物資産である為、物価が直撃するという事です。
またその他には、経済動向や鉱山会社の経営戦略による場合もあるので、思わぬタイミングでの値動きがあります。