トーキョーハートフィールドのコンセプトが楽しい

東京駅からわずか3駅、7分と都心のど真ん中なのに
どこかゆっくりとした空気が流れる場所、思わずハート顔に
なってしまいそうな場所と紹介されています。
水辺に建つ 『リビオ東京潮見』のリーフレットです。
心をひらく気持ちのいいくらしというキャッチフレーズには
主人も私も惹かれてしまいました。
特に間取りの中で、家族の気持ちに合わせてカスタマイズできる
ユトリエの発想には驚かされました。
書斎や、フィットネスルーム、大型収納スペースと3畳間のスペースを
好きなようにセッティングできるんです。
私の心の中では、これはママの趣味のお部屋にしようと決めているんですが
パパはきっと自分のプライベートスペースにしたくなるでしょうね。
トーキョーハートフィールドでゆったり暮らすことで
通勤時間が短縮されて、家族の時間が増えるって、本当に
素敵なことですね。