近澤愛沙とセルフメンテナンス

人間にはもともと、自分の体は自分自身で治せる自然治癒力が損座しています。
しかし、現代は科学技術の発達と、ストレス社会とが複合されている状態となっており、自己治癒力が有ることを忘れてしまっている人も多いのです。
そんな社会において、近澤愛沙さんは、脚も身という身近な手段によって、自己治癒力を高めようと提案し、実践しています。
名古屋で心温まる脚ツボマッサージのお店をオープンさせたり、さらに専門家をより多く養成しようと専門学校を開いたりと、自己治癒力を高めるための行動を積極的に提案しています。
自分自身の手でマッサージすることによって、自己治癒力を発揮出来るため、心身ともに疲労が蓄積されている部分をセルフメンテナンスできるので、大変お得といえます。
また、自分自身だけではなく、多くの人をも癒す効果をも期待することができるので、より納得できる活用が可能となっています。
自分の健康と周りの人の健康について考える場合に、足もみは大変よいことだと考える人が多いのです。